死亡要因のトップ

横浜市の分娩クリニックをこちらで紹介しているので見てみてください。今のクリニックは安心して出産できるようにいろいろな配慮がされているんです。
排卵検査薬を購入したいならこちらのお店のサイトをご覧ください。こちらから自分が使いやすそうな検査薬をみつけてくださいね。
どうしてもお腹の子を堕ろさなければならない。そうなったときに中絶を東京で行える病院を探すならこちらのサイトから調べる事ができますよ。

日本における、死亡要因のトップが何であるか、ご存知でしょうか?
多くの方が、癌、と答えるでしょう。三大死因と言われる、癌、脳卒中、心筋梗塞の中で、もっとも亡くなる方が多いのが癌です。しかし、癌は、死亡要因のトップではありません。
では、自殺でしょうか? 自殺にも、飛び降り、首吊り、などなど、様々あります。死因としてひとくくりにすることはできませんが、日本は自殺大国、などと揶揄されるほど、自殺する方が多いのです。でも、これも年間におよそ三万人。癌よりもずっと少ないので、死亡要因の一位ではありません。

実は、日本人の死亡要因のトップは、中絶なのです。今、人がもっとも多くなくなっている場所は、産婦人科なのです。妊娠した子供を、中絶するということ。胎児を一人の生命とみなしたとき、その死者数は、年間三十万人ほどであると言われています。

全国の産婦人科で年間三十万人もの胎児が、中絶によって死んでいます。法的には、胎児はまだ、人間とは認められていません。生まれて、産声をあげて、初めて人としての権利が認められるのです。だから、厳密に言えば、日本人の死亡要因のトップが中絶であるとは言えません。やはり、癌で亡くなる方が一番多い、という結論に至ってしまいます。

しかし、三十万人もの胎児が、産婦人科で、産まれることなく、産声あげることなく死んでいくのは、事実です。
どうして、これほど中絶の件数が多いのでしょうか? 子供を授かりたくないのであれば、ピルを飲む、コンドームを付けるなど、色々方法はあるはずです。特にピルは、避妊率9割とも言われており、コンドームとの併用でほぼ確実に避妊が出来ると言われています。産婦人科でも、避妊を勧める際には、事前のピルの服用か、最悪でも、アフターピルの服用を勧めています。

いったい、どうしてこのような状況になってしまったのでしょうか?

親切な助産婦が対応してくれるから安心。川崎の産婦人科では、妊婦の安全な出産を第一にサービスと施設が用意されています。
無痛分娩や出生前診断、産後のサポートなど充実している横浜の産婦人科は子宮がん検診、乳がん検診も行っております。万が一ということもあるので事前の検診などもしておきましょう!

Posted on 9月 3rd, 2013 in | No Comments »

Comments are closed.